世界一周に向けた予防接種と節約方法!

世界一周に向けた予防接種と節約方法!

スポンサーリンク

こんにちは。shotaです。

世界一周の準備の中で必ず検討するのが予防接種。お金も時間もかかるものなので、早めの計画が必要です。

私たちが受けた予防接種とタイミングや費用についてまとめてみました。

 

 

どんな予防接種を受けるか

長期で海外に行く場合、特に複数の国を回る場合は行き先に合わせて予防接種を受ける必要があります。

私たちが世界一周の準備をする中で、候補にあがった予防接種は以下の通りです。

 

 ・狂犬病
 ・黄熱病(アフリカや南米は予防接種をしていないと入れない国がある)
 ・A型肝炎
 ・B型肝炎
 ・腸チフス
 ・破傷風
 ・ジフテリア
 ・ポリオ

 

全部受けておくと安心ですが、費用が結構かかります(笑)

※因みに厚生労働省検疫所が海外渡航に向けてまとめています。
https://www.forth.go.jp/useful/vaccination.html

 

 

いつ受けるか

予防接種の中には時間をあけて複数回注射が必要な場合があるので、早めの準備が必要です。

 

私たちは出発の半年前に具体的に調べていました。摂取に期間が必要な場合があることと、必要な予算の見込みをつけたかったからです。

 

一般的には3ヶ月くらい前には計画を立て、遅くとも1ヶ月前には病院に行く人が多い印象です。

 

「出発直前になって調べて、間に合わないことに気がついた。」なんて話や「予防接種しないで行った。」なんて話も聞きますが(笑)

 

 

どこで受けるか

予防接種は受ける病院によって料金が異なることがありますので、病院の検討も予算に影響してきます。

 

私たちの独自調査では、日本で受けるならふたばクリニック(東京)、海外で受けるなら「スネークファーム(タイ・バンコク)安く、受けている旅人も多いようなので安心です。

ふたばクリニック

 

 

特にタイのスネークファームでは日本よりも圧倒的に安く摂取できるので、予算を大きく節約することができます。

スネークファーム

 

 

 

私たちの独自調査なので若干異なる部分もあるかもしれませんが、費用を比較すると以下のようになりました。

 

<予防接種の種類> <日本>
(ふたばクリニック)
※独自調査
<タイ>
(スネークファーム)
※実績+独自調査
狂犬病 ¥9,200 (輸入)×3回

350バーツ(約1,225円)
×3回

黄熱病 (イエローカード) ¥10,830 1,200バーツ(約4,200円)
[Yellow fever]
A型肝炎 ¥14,000 (輸入) 1,500バーツ(約5,250)
[Hapatitis A]
B型肝炎 ¥4,800 400バーツ(約1,400円)
[Hapatitis B]
腸チフス ¥10,000

400バーツ(約1,400円)
[Typhoid Fever]

破傷風 ¥2,800
(ジフテリアとの
2種混合ワクチンも別に有)
約650(約2,275円)
[Tdap(3種混合)]
ジフテリア ¥5,000
(DT:破傷風と2種混合ワクチン)
上(Tdap)に含まれる
ポリオ ¥4,500 250バーツ(約875円)
合計 ¥69,530 約¥19,075 

※2018年1月時点の独自調査結果なので、必ず正確な最新情報を確認してください。
基礎摂取回数が複数回必要なもの(破傷風やA型肝炎、B型肝炎など)もありますので、ご自身の摂取履歴と必要な期間を考慮の上、検討が必要なようです。A型肝炎は本来3回必要ですが1回でも1年間有効なため、1回のみにしました(Avaximの場合)。

 

 

費用は変更されることがあるので、増減するかと思いますが、それでもタイのスネークファームが圧倒的に安いことがわかると思います。

 

私たちは二人とも受けるので、だいぶ予算が変わります。

 

旅のルートにもよりますが、費用を抑えたい方はスネークファームで予防接種を受けると数万円単位で節約が可能です。

 

 

私たちの場合

私たちが受けた予防接種は以下の通りです。

 

 ・[日本] 狂犬病
 ・[タイ] 黄熱病(南米やアフリカは受けないと入れない国がある)
 ・[タイ] A型肝炎
 ・[タイ] 破傷風
 ・[タイ] 腸チフス

 

狂犬病は3回注射が必要で、3回目までは半年ほどかかるとネットで見たので日本で終わらせて行きましたが、私たちの時は「2回目が1週間後、3回目がその2週間後」と言われましたので、1ヶ月あればギリギリ間に合うかもしれません。

 

旅先で知り合った旅行者がスネークファームで狂犬病を受けた時は「2回でOK。2回目は1ヶ月後」と言われたようなので、少なくとも狂犬病の予防接種には最低1ヶ月は必要と考えていた方が良さそうです。(でも、なるべく余裕を持ちましょう)

 

以下の3つは訪れる国感染方法感染時のリスクを調べて検討し、受けないことにしました。

 ・B型肝炎
 ・ジフテリア
 ・ポリオ

 

予防注射は命にも関わる大切な準備ですので、ネットの情報は半分疑いつつ、病院の先生に相談することをお勧めします

 

 

まとめ

日本でしっかり予防接種を受けようとすると、一人7万円近くかかるのに対し、タイでは2万円程度で済ませることができます。

 

長期旅をするに当たって、この数万円の差は大きいですよね。

 

私たちの場合は1カ国目がタイなので、旅の初めの段階で予防接種を受けることができました。

 

一方でタイに行き着くまでに数ヶ月かかるルートの方もいるかと思います。

 

アジアは野良犬が多くいて、まだ予防接種受けてないのに噛まれたらどうしようと不安な部分もあります。安心感と費用の兼ね合いは難しいところですが、ルートに合わせて検討してみてください。

 

海外で予防接種を受けるのは少し怖い方もいると思いますが、スネークファームの場合は多くの方がブログに載せたりしているので安心です。

 

※繰り返しになりますが、正確な情報は必ずご自身で確認したり、病院の先生に確認して計画を立てましょう

 

 

それではまた。

 

shota

スポンサーリンク