ナチュラル婚におすすめ!席札リースの作り方をご紹介*

ナチュラル婚におすすめ!席札リースの作り方をご紹介*

こんにちは~!みきです◎*

 

 

結婚式の準備を進める中で、

 

ちょいちょいインスタでも見かける

 

「席札リース」に一目惚れ♡

 

 

普通の席札だと装飾のイメージに合わなかったので、

 

どうしてもリースにしたかったんです・・!

 

 

とはいっても、作り方もよくわからず苦労しました(;_;)

 

 

そこで、わたしは投稿されている席札リースをたくさん研究して

 

 

誰でもキレイに席札リースを作る方法を編み出してしまいました!

 

 

わたしみたいに困っている方の助けになればと思い、記事にしました。

 

 

席札リースに必要な材料

まず材料をご紹介します!

 

 

すべて100均で揃えることができますよ。

 

席札リースの材料♩

○ 紙紐
 …リースの土台になります

○ ニス
 …木っぽさを出すことができます

○ ニスを塗るハケ
 …用意できなくても大丈夫です

○ 接着剤(Gクリアなど)
 …リースを固定するために使います

○ 装飾に使うもの
 …造花やリボンなど好みのもので◎

○ ゲストの名前を書く紙
 …クラフト紙だとよりナチュラルに!

○ 麻紐
 …名前の紙をリースに付けるために使います

材料が足りなくなってしまうと面倒なので、

 

多めに用意しておくのがおすすめです!

 

 

装飾に使うものは100均でなく、

 

ちょっと良いものを選んでもいいと思います。

 

 

では、さっそく作り方を見ていきましょう*

 

 

 

席札リース作成の手順

席札リースを作る手順は全部で4つ!

 

 

意外と少ないですよね。

 

 

ただ作成する数が多いので、

 

コツをつかんでサクサクと作るのがポイントですよ~!

 

 

①リースの土台を作る

紙紐を500mlペットボトルの底に

 

3~4周巻きつけて、ペットボトルから外します。

 

 

そのあと、枝が巻きついている感じを出すように、斜めに巻いていくと◎

適当に巻いていったほうが、

 

木の枝特有の無造作な感じを演出することができますよ★

 

 

紙紐をハサミで切り、

 

端を巻きつけた紐に入れ込みます。

 

 

接着剤でしっかり固定しましょう!

 

 

きれいなリース型を作るポイントはこちら!

 

★ポイント

ペットボトルの底を使うことで、

ぶきっちょさんでもきれいなリースを作ることができます◎

コップの底など好みのサイズを見つけちゃいましょう!

 

 

②ニスを塗る

ニスを塗って木っぽさを出します。

 

丁寧に塗らず、ちょっと適当に塗るのが◎

 

ハケがなかったら、古布でぽんぽんと塗っても良い雰囲気になりますよ。

 

 

③飾りをつける

ニスが乾いたら、飾りをつけていきましょう!

 

 

わたし達の場合は、シンプルにモスとお花を2~3個つけました。

 

お花は節約するために、

 

造花のアジサイを買ってひとつずつハサミで切り分けました。

 

 

お花をもりもり飾っても

 

シンプルに仕上げても

 

かわいくなってしまうのが、席札リースに良いところ♡

 

 

好みのデザインで、自分だけの席札リースにしちゃいましょう!

 

 

 

④名前をつける

ここはデザインに合わせてつけましょう!

 

 

わたし達の場合は、

 

・クラフト紙に名前を書く

・その紙をロウ引きする

・適度なサイズに切って、パンチで穴を開ける

・麻紐でリースに結ぶ

 

…という感じに名前を付けました。

 

 

友人はアルファベット表記でおしゃれに

 

会社の方や親族は漢字で見やすさを重視しました!

 

 

少し面倒ですが、きちんとロウ引きすることで

 

紙を破れにくくすることができます!

 

 

 

 

はい!完成でーす!

いつ見てもかわいいですね(*´-`)

 

 

作り方さえ知ってしまえば、

 

簡単にできそうじゃないですか?

 

 

実際に作り方をマスターしてからは、

 

テレビやDVDなどを見ながらでも作業を進められましたよ。

 

 

 

まとめ

「どうせ捨てられちゃうだろうけど、自己満だ!いいんだ、いいんだ~!」

 

…と思いながら作っていましたが、

 

今でもお家に飾ってくれてる子もいるんです!ほんと涙でてきますね・・!

 

 

作り方がわからず手間取ったり、

 

完成に時間がかかったので、

 

かなり想い入れがあるアイテムなんです★

 

 

作りたいと思っている方の参考になるとうれしいです◎*

 

 

みき