【タイ観光】23日間の総費用まとめ

【タイ観光】23日間の総費用まとめ

スポンサーリンク

こんにちは。shotaです。

23日間滞在したタイの総費用をまとめます。内訳まで含めて大公開です!!タイ観光のご参考に!

 

タイの基本情報

国名 タイ王国
首都 バンコク
公用語 タイ語 (主要都市ではだいたい英語が通じました)

人口

約6,900万人 2018年時点。日本の半分程度

国土面積

約51万4千平方キロメートル 日本の約1.4倍

通貨

バーツ 1バーツ約3.5円(2018年時点)

1人あたりのGDP

5,907ドル 2016年時点。日本の約15%

気候

熱帯性気候 平均気温約29℃。11〜3月が乾季、4〜5月が暑季、6〜10月が雨季。

タイは観光地化が進んでいるので、とても過ごしやすかったです。

 

1カ国目なので初めはそのように感じませんでしたが、数カ国東南アジアを回る中で、アクセスや宿、レストランなど観光に必要なインフラが揃っていた印象を受けました。

 

物価が安いので短期の旅行だったら、結構な贅沢ができると思います(笑)

バンコク周辺に有名な観光地も集まっているので、数日の滞在でも楽しめると思います!!

 

 

 

滞在した都市と日数

バンコク 10日(アユタヤ日帰り含む)
カンチャナブリ 3日
バンコク 3日
チェンマイ 7日(チェンライ日帰り含む)
合計 23日

※移動日は移動先に日数をカウントしています。

 

タオ島でのダイビングも予定していましたが、Mikiの腰痛が悪化していたので見送りました。

タイ地図

 

総費用

総計:111,983円(二人分)

23日間の滞在のため、1日平均約4,869円(二人分)[※123] という計算です。

※1:レートは「キャッシング額÷返済額」で計算しています。私たちの場合は1バーツ3.53円でした。
※2:24日目もタイ(チェンマイ)にいましたが、ミャンマーへの移動日なので費用はミャンマーの1日目に計算しました。
※3:タイへの入国、出国の交通費は含まず、国内の移動は含めています。
※4:スネークファームで予防接種も受けていますが、そちらは含めていません。

 

1日5,000円を予算にしていたので一応収まっているのですが、実は思ったより高くつきました(笑)

 

余裕を持って5,000円にしていたので、あわよくばタイで節約できればと思っていたのですが、、、、

 

なるべく安くという意識はしつつも、あまり我慢せずに過ごすとこんな感じです!

 

内訳(二人分)

宿泊費 : 約1,631円/日 ※二人分

二人の場合、ドミトリーに泊まると1,200〜1,500円、個室だと1,600〜2,000円という感じです。クーラー必須でそこそこ利便性も高いエリアに宿泊しました。

 

食費  : 約1,549円/日 ※二人分

各項目の中で一番予想より高くついたのがこの食費です。

タイの場合40バーツ(約140円)くらいあれば地元のお店や屋台で美味しいタイ料理が食べられます。なので、2人でも1日160〜200バーツあれば十分なんですね。

私たちも前半は2人で1日300〜400バーツで生活できていました。それがあるタイミングから、500〜700バーツに跳ね上がることに(笑)

 

その理由が、

急性胃腸炎にかかったこと
→具合悪いから観光客向けのレストランで食べてたら、その後体調が回復しても足を運んでしまいました(笑)

チェンマイを楽しんだこと
→おしゃれな街「チェンマイ」はお高い店が多く、私たちもいろんなカフェを楽しむなど盛大に使った(笑)安い日でも500バーツ使っていたのでだいぶ平均値を押し上げていいます。

 

食費の内訳をまとめ直すとこんな感じ。

・地元のお店でタイ料理を楽しむなら1,000〜1,500円(二人)
・そこそこイケてるレストランに行くなら1,700〜2,500円(二人)
※1:レートは「キャッシング額÷返済額」で計算しています。私たちの場合は1バーツ3.53円でした。

 

 

観光費 : 約375円/日 ※二人分

想定より少し安く済みました。体調崩したことでいくつか行かなかったところがあるので、実際はもう少しかかっていたと思います。

ツアーなども利用しなかったので、カレン族の村の入場料(1人500バーツ(約1,770円))が一番高い出費でした。

 

交通費 : 約1,074円/日 ※二人分

交通費も日本よりずっと安いです。2〜3時間かかるようなアユタヤやカンチャナブリも電車なら片道100バーツ(約350円)あれば十分でした。

私たちはバンコクからチェンマイまで寝台列車で移動しようとしていたのですが、乗りたい日程で予約が取れず、飛行機を使うことにしました。

これで二人で12,000円くらいかかっています。寝台列車は一人900バーツあれば乗れるので、交通費は約850円/日くらいまで下がっていたと思います。

 

雑費  : 約240円/日 ※二人分

コンビニでの買い物や、タイパンツなどの衣類や雑貨類が含まれています。

 

 

<一人旅の場合の参考>

もし一人だったらと考えた場合の参考費用はこんな感じです。(あくまで私の所感です)

・宿泊費 : 800円/日 ※ドミトリーメイン
・食費  : 800円/日 
・観光費 : 250円/日
・交通費 : 500円/日
・雑費  : 150円/日
 —————
 合計  : 2,500円/日

 

宿泊費と交通費は二人以上で旅した方が一人当たりの費用は安くなります。このくらいの目安で予算を組んでいれば、大きなズレはないかぁという感じです。

旅先で出会った中には1日300円のドミトリーで11日間、1日1食で過ごしたという強者もいたので、抑えようと思えば1日2000円から1500円くらいまでは下げることはできると思います。

ドミトリーではなく個室メインで過ごすなら、宿泊を1,600円くらいまで上げて考えた方がいいですね。

 

 

関連記事

バンコクでオススメの安宿(ドミトリー)紹介!

タイでおいしかったものシリーズ♡

人生の実験として、夫婦で世界一周!! 〜人生は実験だ〜

スポンサーリンク