カレン族に会いに山岳民族村へ!村の様子と詳しい行き方をご紹介◎

カレン族に会いに山岳民族村へ!村の様子と詳しい行き方をご紹介◎

スポンサーリンク

こんにちは~!みきです◎*

今回はチェンマイでカレン族のみなさんに会ってきたお話をします!

カレン族の方はタイ北部やミャンマー南東部の山奥にいらっしゃるようなのですが、
そんな遠くへは行けないので、さまざまな山岳民族が住む観光村へ行ってきました。

カレン族とは

カレン族とは首に真鍮のリングを付けている少数民族です。ただしこのリングを付けるのは女性のみで、男性は民族衣装を着ることもなく街に住んでいる人たちと同じような恰好をしています。

タイとミャンマーに村を構え少数民族の中では大規模の民族ですが、そのルーツはよくわかっていないようです。

そのため、どんな理由でリングをつけているかも謎のまま。

美しく見せるため、虎から身を守るため・・などなど諸説あるようです。

そんな謎が多いカレン族に会ってみたかったので、バイクを走らせ行ってきました!

山岳民族村の様子をご紹介!

では、さっそく入っていきましょう!看板にはカレン族とアカ族の絵が描かれています。
このゲートの前にチケットブースがあるので、そこでチケット(500バーツ/1人)とパンフレットをもらいましょう。

 

ゲートをくぐると、まるで別世界。

人々が生活する音、機織の音、水や風などの音だけが響いています。

大きい音は観光客だけで、少数民族の方は本当に静かにひっそりと暮らしている印象です。

静かすぎて話しかけるのを躊躇してしまうほど。

けど、目が合うとにっこりと微笑んでくれます。みなさん、かわいい(*´-`)

そして、カレン族村の奥には教会がありました。
他の民族と比べてキリスト教を信仰している方が多いようです。

 

さてさて、なにもせず帰るわけにはいかないので勇気を出して一緒に写真を撮ってもらいました!

有名なおばあ様と♡テレビやパンフレットでよく見る方。

なんとわたしにも真鍮のリングをつけてくれました!

といっても、これは前側しかなく後ろは紐です。それでも相当重い・・!

おばあ様が後ろの紐を持って支えてくれています。

さらにsnowでも一緒に撮影してもらいました。

控えめに「ふふふ♡」と笑っていて、かわいかったです。

そして、別の方とはしょうくんも入れて3人でも撮ってもらいました◎*

美人さん♡
小顔で正統派な美人さん♡

そういえば、小さい子はあんまり見かけなかった。
平日の昼間だったから学校なのかな・・?

 

そしてこのちびっ子である!かわいい・・!

首に付けているシルバーアクセサリーはおみやげ屋さんで買えるみたいです。

この子はカレン族ではないのですが、布に炭で模様を描いているおばあ様に近くにいました!

炭を置くようにして、色付けしています。細かい作業でかなり集中されていました。

 

お店はほとんどがおみやげ屋さんで、レストランはひとつあるだけ。
山岳民族村内の地図はこんな感じです。

ただ見て回るだけなら1時間もかからず観光できます。

ゆっくりお話したり、おみやげを買ったりするともう少し時間がかかりそうです。

山岳民族村への行き方&地図

カレン族のみなさんがいらっしゃる山岳民族村へはチェンマイ市街から車で約30分くらいで着きます!

行き方は大きく分けて、4つあります。

①レンタルバイク
②タクシー
③ソンテウ・トゥクトゥク
④ツアーに参加

以上の順にご紹介していきます。わたし達はバイクで行ったので、その紹介が多めです!

 

①レンタルバイク

わたし達が借りたレンタルバイクは1日250バーツでした!チェンマイには多くのレンタルバイク屋さんがあるので、問題なく借りられると思います。

もっと安い150バーツのものもありますが、パワーが弱いらしいです。山道の多いチェンマイ観光は250バーツのパワーが強いバイクがおすすめですよ。

バイクに乗りなれている方は問題ないと思うのですが、わたしはバイクに乗ったのが初めてでしたのでかなり怖かったです・・!

タイは交通量が多すぎるし、赤信号でも行けそうだったら行くのがルールのようで、どこから車、バイク、トゥクトゥク、人が出てるくのか分かんないので・・

また、タイパンツ履いていたら警察に止められて国際免許の提示を求められましたので、きちんと日本で取っておきましょう!

②タクシー

ざっと調べたところ300~400バーツくらいで行けるようです。

タクシーはその辺にたくさんいますが、安全なタクシーに乗るにはホテルで呼んでもらうのが一番ですね!

③ソンテウ・トゥクトゥク

こちらもざっと調べたところ250バーツほどで行けるようです。

ただ50バーツしか変わらないのなら、クーラーが効いて乗り心地のよいタクシーのほうが良いと思います!

④ツアーに参加する

予算に余裕があるなら、ツアーに参加するのが1番!

というのもホテルまでの送迎や日本語ガイド付きだったりするからです。

山岳民族村だけでなくエレファントキャンプなど他の観光地とセットにすれば、さまざまな体験ができますね。

 

人数や行き先によってコスパが変わってくると思うので、「安いから!」という理由だけでなく「快適さ、なにをしたいのか」なども視野に入れて決めてくださいね!

 

※わたし達が宿泊したゲストハウスからの地図です※

山岳民族村周辺の観光地

山岳民族村の周辺には多くの観光地がありました。

エレファントキャンプやタイガーキングダムは有名のようです。

その他にも、ワニがいるところやバギーで走り回るアクティビティなどたくさんの看板がありました!

アクティブな観光が好きな方は1日では足りないくらいたのしい場所だと思います◎

わたしが動物嫌いのため、わたし達はどこへも行きませんでしたが笑

まとめ

タイの観光地はざわざわとしている場所が多いのですが、ここはゆっくりと過ごすことができました。

というもの、少数民族の方から観光客に話しかけることがほとんどないからです。

もちろん話しかけたら、きちんと話してくれますが、「これ買ってよー!」とグイグイ来ません!

 

タイのざわざわした感じに疲れてしまった方におすすめの場所です。

ぜひ行ってみてくださいね◎*

 

みき

スポンサーリンク