バガンからマンダレーへOKバスで移動

バガンからマンダレーへOKバスで移動

スポンサーリンク

こんにちは。shotaです。

今回は遺跡都市バガンからミャンマー第二の大都市マンダレーへのバス移動について。

事前のネット情報ではオンボロバスに長時間乗るような情報があったので不安視していた移動です。

※2018/9の情報です

チケットの手配

ネットでは多くの日本人が「OKバス」というバス会社を利用していました。

 

複数のブログで価格感を抑え、とりあえず宿泊していたホテルにバスの手配ができるか聞いてみると、OKバスで一人9,000チャット(約800円)という回答。

 

13:00頃ホテル発で5時間ほどの移動です。座席指定でした。

 

OKバスの営業所に行けば安くなる可能性はあるかもしれませんが、外が暑くて歩いて行く気にもならず。

 

価格感も事前情報と比べて高くないし、ホテルまで迎えに来てくれるようなのでこれに決めることにしました。

 

 

因みにミャンマーのバスはこちらのサイトから検索して探すことができます。

https://myanmarbusticket.com/

 

ネットから予約してもいいですし、こちらの情報をメモして交渉するのもありかもしれません。

 

マンダレーへ移動

13:00にホテル集合。

OKバス_全体

 

良い意味で予想を裏切り、比較的新しいバスが来ました。

 

中も快適とまではいきませんが、そこそこ綺麗なのでストレスなく移動できます。

そこからニューバガン、ニャウンウーのホテルを周りバガンを出発したのは14:00頃。

 

中間地点で休憩が20分ほどあります。

 

バスを降りた瞬間、売り子が殺到してきます(笑)

 

私たちはいつも通りスルー。

 

 

休憩所は食堂と売店があるので食事を取ることができます。トイレもありました。

 

ただ結構虫(ハエや蚊)がいるのであまりゆっくり座りたくなかったです。

 

その後、17:30頃マンダレー市内のバスターミナルに到着。

マンダレー_バスターミナル

 

ここから中心地までは少し離れているので、乗ってきたバスから小型の乗合バスに乗り換えます。

 

全部OKバスのスタッフが誘導してくれて、ホテルまで送迎。

マンダレー_乗合バス

 

変なチップを要求されることなく、無事宿に到着しました。

 

まとめ

オンボロバスで5時間の道のりを覚悟していましたが、特に問題なく移動することができました。

 

マンダレーで到着するバスターミナルは他の都市に移動するときも利用すると思うので、

場所をある程度覚えておくと便利です。

 

 

 

ではまた。

shota

スポンサーリンク