バガン遺跡に行く人必見!パゴダの正しい登り方ご紹介します。

バガン遺跡に行く人必見!パゴダの正しい登り方ご紹介します。

こんにちは~!みきです◎*

 

登れるパゴダに無事到着!

 

 

さっそく登ろうとするも、

 

意外と決まりがあったり

 

狭い階段を上ったり

 

 

絶景を見るのはそう容易くはない・・!

 

 

パゴダってもっと簡単に登れるものだと思ってました・・

 

 

そこで、今回は正しいパゴダの登り方をご紹介していきます◎*

 

 

 

パゴダ登るときの服装&持ちもの

まずはじめにパゴダに登る時の

 

・服装

・持ち物

 

についてご紹介しますー!

 

 

おしゃれな格好で行ってしまうととんでもない目にあいますよ!笑笑

 

 

 

パゴダを登るときの服装

パゴダを登る際には、

 

パゴダ内の暗くて狭い階段を

 

上がっていくことになります。

 

お気に入りの洋服で行ってしまうと、

 

汚れたときにショックを受けてしまうので、

 

なるべく以下のような服装をしていきましょう!

 

服装

・汚れてもよいTシャツ

・長ズボン

・パーカー

・サンダル

 

 

昼間は暑いミャンマーですが、

 

朝日を見る時間は寒かったりします。

 

 

気球が上がる乾季(10月~2月)は

 

さらに冷えるようです。

 

 

朝日を見るときは、

 

パーカーなど羽織るものがあると◎

 

また、パゴダに登るときは裸足になるので

 

靴ではなく脱ぎやすく履きやすいサンダルがいすすめ。

 

 

 

パゴダを登るときの持ち物

続いてパゴダに登って朝日や夕日を見るときに

 

あると役立つモノをご紹介します!

 

持ち物は以下のとおり。

 

持ち物

◆朝日&夕日を見るとき

・懐中電灯(スマホで代用可)


◆夕日を見るとき

・帽子

・サングラス

 

 

朝日を見るには、

 

暗いうちにパゴダへ行く必要があります。

 

 

バガンは街灯が少ない上に、光が弱いのでかなり暗いです。

 

 

Eバイクのライトだけではちょっと不安になる場所もあります。

 

 

そんな時、プラスαでなにかライトがあると安心です!

 

 

昼間でもパゴダ内の階段を上るときは

 

何も見えないのでライトが必要になりますよ。

 

 

また夕日を見るときは、

 

暑かったり

 

眩しかったり

 

するので、帽子やサングラスがあると

 

待ち時間に辛い思いをしなくて済みますよ!

 

 

これでパゴダ登る準備はばっちりですね。

 

 

続いて登り方をご紹介してきます。

 

 

 

パゴダの上に行く方法

朝日や夕日を見るために、パゴダの上に行く手順をご紹介していきます!

 

 

なにも知らずに登ってしまうと、

 

頭をぶつけたり、

 

ケガをしたり

 

してしまうだけでなく

 

 

無礼になってしまう場合も・・!

 

 

ここで正しい登り方を知っておきましょう*

 

 

 

①裸足になる

 

まず入口に到着したら、サンダルや靴・靴下を脱ぎましょう。

 

 

というのも、バガン遺跡のパゴダは今でも現役の仏塔。

 

 

どんなに小さなものにも一つ一つにブッダがいらっしゃいます。

 

 

靴や靴下で上がるということは「神聖な仏陀に土足で触れる」と同義である

 

 

と考えられているので、ご法度ですよ!

 

 

東南アジアを4か国周りましたが、ミャンマーが一番信仰深いように感じました。

 

 

国にお邪魔する際は、その国の文化や宗教に失礼のない振る舞いを心がけたいですね◎

 

 

②階段を上っていく

 

パゴダの中に入ったら次は、中の階段を上っていきます。

 

 

しかし、この階段がかなり狭くて暗いです。

 

 

ほら、こんな感じに!笑

 

 

ここで持ってきた懐中電灯使いましょう!

 

 

足元と頭上に気をつけながら、上っていきます。

 

 

足元に気を取られていると、頭をぶつけます笑笑

 

 

焦らずゆっくりと上っていきましょう。

 

 

 

③さらによじ登る

 

階段を上って外に出ると、とてもステキな景色が広がっています。

 

 

そこからさらによじ登ることで、

 

より遠くの景色まで楽しむことができますよ!

 

 

両手を使いながら、気をつけて登っていきましょう。

 

 

 

 

 

!注意!

上の写真のように

足元が悪かったり、

狭い箇所があったり、

登るのが大変な場所がたくさんあります!

登るの大変かも…と思ったら

行けるところまでにしておきましょう。

 

がんばって登ると、

 

こんなにステキな景色を見ることができますよ!

 

 

 

降りるときも気を抜かずに!

パゴダから降りるときも登るとき以上に注意が必要ですよ。

 

 

朝日や夕日の時間は

 

ほんとうにたくさんの方がパゴダの上によじ登ってきます!!!

 

 

全員がゆっくり焦らずに

 

譲り合いながら降りていかないと、

 

ケガをしてしまうかもしれません。

 

 

周りの人の動きを確認しながら、

 

降りていきましょう。

 

 

もし降りるのが大変な場合は、

 

手を貸してもらうのもありですよ!

 

 

特に夕日を見たあとは、

 

日が沈んでいるのであたりは薄暗くなっています。

 

 

みんなでライトを照らし合いながら、降りてくださいね◎*

 

 

 

まとめ

バガン遺跡でパゴダに登る方法ご紹介してきました!

 

 

バガンを安全にたのしむためにも、ぜひ守ってくださいね◎*

 

 

みき