【ミャンマー観光】13日間の総費用まとめ

【ミャンマー観光】13日間の総費用まとめ

スポンサーリンク

こんにちは。shotaです。

 

13日間滞在したミャンマーの総費用をまとめます。

 

ミャンマーは2011年まで鎖国状態だったので、いい意味でも悪い意味でも観光地化がまだまだの印象でした。

 

2018年10月から日本人のビザが不要になったり、同年11月からはラオスへの陸路の国境が開けたり。

 

どんどん変化している国なので、今後の発展にも期待大です!!

 

(私たちは2018年9月に行ったので、ビザ必要でした(泣))

 

 

ミャンマー観光のご参考に!

 

ミャンマーの基本情報

国名 ミャンマー連邦共和国
首都 ネピドー
公用語 ビルマ語 (だいたい英語が通じました)

人口

約5,141万人 2014年時点。

国土面積

約68万平方キロメートル 日本の約1.8倍

通貨

チャット(Kyat) 1チャット約0.07円(2019年1月時点)

1人あたりのGDP

1,307ドル 2016/17年度、IMF推計

気候

北部が温帯
中部・南部が熱帯

雨季(5月下旬〜10月中旬)、乾季(10月下旬〜2月)、暑季(3月〜5月中旬)

※参考:https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/myanmar/data.html

 

私たちが訪れたのは8月下旬〜9月上旬の雨季でした。

 

ヤンゴン、バガン、マンダレーの3都市に行きましたがヤンゴンはほぼ毎日雨です。

 

バガンとマンダレーは雨は少なかったです。(マンダレーでは1日だけ大雨でした)

 

ただ、もし選べるのなら乾季に行くことをおすすめします。

 

バガンの遺跡群の空に気球が上がるのは乾季だけなので、私たちは気球を見ることができませんでした。

 

 

 

滞在した都市と日数

ヤンゴン 6日(5+1日)
バガン  3日
マンダレー 4日
合計 13日

 ※移動日は移動先に日数をカウントしています。

 

ミャンマー地図

 

 

総費用

総計:69,957円(二人分)

13日間の滞在のため、1日平均約5,381円(二人分)[※123] という計算です。

※1:レートは「キャッシング額÷返済額」で計算しています。私たちの場合は1チャット0.9円でした。
※2:14日目もミャンマー(ヤンゴン)にいましたが、ラオスへの移動日なので費用はラオスの1日目に計算してます。
※3:ミャンマーへの入国、出国の交通費は含まず、国内の移動は含めています。

 

 

内訳(二人分)

宿泊費 : 約1,630円/日 ※二人分

ミャンマーではドミトリーは使わず、全て個室でしたがかなり予算を抑えることができたと思います。(タイと同じくらい)

ただし、宿泊した際に支払ったのは2000円弱。

夜行バスを2回使って宿泊費が浮いたので、その分平均が下がっています。

夜行バスでの移動日を除くと平均1,926円になります。

 

 

食費  : 約1,547円/日 ※二人分

こちらもタイと同じくらいの費用感でした。

節約を意識しつつも、そんなに我慢せず、レストランも頻繁に行ってます。

タイで急性胃腸炎になったトラウマか、屋台は利用しませんでした(笑)

 

 

観光費 : 約827円/日 ※二人分

大きめの出費は

 

– バガンへの入域料(一人25,000チャット(約2,500円))
– マンダレーの入域料(一人10,000チャット(約1,000円))
– ミングォンへの入域料(一人5,000チャット(約500円))

 

ミャンマー観光の際は入域料を観光費として計算しておけば大きな間違いはないと思います。

あとはヤンゴンでパゴダに入る場合は入場料が地味に高いです。

 

今回私たちが観光しなかった場所を回る際は、少し上振れすると思います。

 

– ヤンゴンからゴールデンロック
– バガンでの気球
インレー湖

など

 

 

 

交通費 : 約1,303円/日 ※二人分

大きな出費はやはり都市間の移動費。

 

ヤンゴンからバガンが約1,430円(/人)
バガンからマンダレーが約900円(/人)
– マンダレーからヤンゴンが約2,945円(/人)※VIPバス

 

これ以外にはヤンゴンでのタクシー移動とバガンでのEバイクあたりです。

 

ただし、夜行バスで宿泊費が2日分浮いているのでそんなに高い感じはしてません。

 

 

雑費  : 約74円/日 ※二人分

コンビニやスーパーで日用品関連を買ったのみだったので小さくすみました。

そういえばお土産関係は買ってない(笑)

 

 

<一人旅の場合の参考>

もし一人だったらと考えた場合の参考費用はこんな感じです。(あくまで私の所感です)

・宿泊費 : 1200円/日 ※ドミトリーメイン
・食費  : 800円/日 
・観光費 : 500円/日(トータル6,000円くらいが目安)
・交通費 : 800円/日(トータル10,000円くらいが目安)
・雑費  : 50円/日
 —————
 合計  : 3,350円/日

 

交通費が意外とかかるだろうと予想してます。

特にヤンゴンはバスの路線ができ始めたものの、まだわかりにくく不便です。

タクシーの利用を想定しておいた方が良いかもしれません。

ご参考まで。

 

 

 

関連記事

ヤンゴンおすすめ宿・バックパッカーホステルの居心地が良すぎる!

ニューバガンの安く快適なホテル紹介!

マンダレーおすすめホテル、宿泊エリア

ヤンゴンからバガンへ夜行バスで格安移動!!

バガンからマンダレーへOKバスで移動

マンダレーからヤンゴンへVIPバス移動

【タイ観光】23日間の総費用まとめ

人生の実験として、夫婦で世界一周!! 〜人生は実験だ〜

スポンサーリンク