ヤンゴン国際空港のラウンジが快適過ぎる!!

ヤンゴン国際空港のラウンジが快適過ぎる!!

スポンサーリンク

こんにちは。shotaです。

 

ミャンマーからラオスへ向かうためにヤンゴンへ帰ってきた私たち。

 

ヤンゴン国際空港からラオスのルアンパバーン国際空港までバンコク(ドンムアン国際空港)経由で向かいます。

 

飛行機乗るたびに楽しみなのが、プライオリティパスで入れるラウンジ!!

 

この記事を書いている現在は9ヶ国目なのですが、圧倒的にヤンゴンのラウンジは快適でした。

 

今回はそんなヤンゴンのラウンジ、「Mingalar Sky Lounge」についてまとめて行きます。

 

※ヤンゴン国際空港空港は国際線の第1、第2ターミナルと国内線の第3ターミナルがあります。
 「Mingalar Sky Lounge」は第1ターミナルにあるラウンジです。

※ドンムアン空港のラウンジに関する情報も少し載せてます。

※この記事は2018年9月の情報です。

Mingalar Sky Loungeの場所

イミグレーションを抜けてエスカレーターを上がると、免税店があります。

 

(化粧品関係がたくさん売られてます)

 

免税店スペースを奥へ突っ切っていくと、こんな感じでお出迎え。

ヤンゴンラウンジ_入り口

 

めちゃくちゃ綺麗なラウンジです。

 

きっとファーストクラスやビジネスクラスのお客さんがこの中に入るのでしょう。

 

 

格安航空券で千円でも安いチケットを探す私たちですが、

 

プライオリティパスでこの豪華な空間にに入れてしまうのです。

 

 

私たちの前に受付しようとしていた欧米人はアメックスのゴールドカード(年会費3万)のカードを出して、

 

「これでこのラウンジ使えない?」と交渉してましたが追い返されちゃってました。

 

 

プライオリティパスって素敵。

 

 

Mingalar Sky Loungeの中

Mingalar Sky Loungeに入ってまず驚くのが、その広さ。

ヤンゴンラウンジ_内部_5ヤンゴンラウンジ_内部_4ヤンゴンラウンジ_内部_1

 

椅子の数が凄まじい。

 

ポツポツと床に電源もあるので、充電することもできます。

 

シャワーもあるので、受付でバスタオルを借りて利用することも。

 

(写真撮り忘れましたが、とても綺麗でした)

 

肝心のお食事ですが、

ヤンゴンラウンジ_内部_3

 

種類が豊富で、しかも美味しいし、ジュースもコーヒーも紅茶もあって言うことなしです。

 

まずシンプルなパン。4種類。

ヤンゴンラウンジ_食事_3

 

そしてサンドイッチ。4種類。

ヤンゴンラウンジ_食事_2

 

デザート類がめっちゃある。

 

一番種類豊富だったのは多分デザートです(笑)

ヤンゴンラウンジ_食事_4ヤンゴンラウンジ_食事_5

 

飲み物も種類豊富で楽しかったです。

ヤンゴンラウンジ_食事_1

 

写真にはありませんが、他にもスープやハンバーガー、炒め物、ミャンマー料理などなど

 

3つの大きなテーブルにこれでもかと並べられています。

 

 

節約しながら1ヶ月ほどアジアを旅していた時期だったので、

 

ラウンジの美味しい料理食べ放題は天国でした!!

 

 

設備まとめ
・椅子の数が凄まじい。
・電源も完備。
・Wifiもサクサク。
・ご飯も食べ放題、種類豊富。
・シャワーの利用も可能。タオルも借りられる。

 

 

[おまけ]トランジットのバンコクでもラウンジ利用!

ヤンゴン国際空港からバンコクのドンムアン空港で飛行機を乗り換えるのですが、

 

3時間くらい時間に余裕があるので、ここでもプライオリティパスを使います。

 

ドンムアン空港にはいくつかラウンジがあるのですが、

 

今回利用したのは第1ターミナルのコーラル(Coral)ラウンジ

 

場所は保安検査場所の目の前です(中心地的な場所だからすぐわかると思います)。

 

入り口はこちら。

バンコクラウンジ_入り口

 

中も綺麗です。

 

バンコクラウンジ_内部_3バンコクラウンジ_食事_2バンコクラウンジ_食事_4

 

「コーラルラウンジ(Coral Lounge)」はバンコクからチェンマイに移動するときも利用しているので、

 

快適に過ごせる安心感がありました。

 

チョコレートも食べ放題です!

バンコクラウンジ_食事_3

 

 

「コーラルラウンジ(Coral Lounge)」の目の前に「ミラクルラウンジ(Miracle Lounge)」があるので更にラウンジの梯子をすることもできるのですが、

 

3時間しか待ち時間がないですし、既にヤンゴンとバンコクでラウンジ使ってお腹いっぱいだったのでコーラルだけ満喫しました。

 

(良いラウンジがあると”3時間しか”という感覚になる)

 

こういうタイミングで、今後の予定を調整したり、お仕事したりしています。

バンコクラウンジ_PC_

 

まとめ

ミャンマーは2011年に開国されたばかりで、観光地化がまだ進んでいないので、

 

少し不便に感じる人もいるかもしれません(そこが良いところなのですが)。

 

そんな方はラウンジでホット一息ついてから帰国や次の国への旅をすると良いですよ!

 

ではまた。

 

shota

スポンサーリンク