現地ツアーで行くクァンシーの滝!雨季は水量に注意!

現地ツアーで行くクァンシーの滝!雨季は水量に注意!

スポンサーリンク

こんにちは~!新婚旅行で世界一周中のみきです◎*

 

今回はラオス・ルアンパバーン滞在中に観光した

 

クァンシーの滝についてご紹介していきます。

 

 

 

クァンシーの滝へのチケットの購入&行き方

ここでは、

 

クァンシーの滝へのチケットの購入と行き方についてご紹介していきます!

 

 

クァンシーの滝へのチケットを購入

わたし達は、宿泊していたゲストハウスで

 

クァンシーの滝の往復チケット(40,000キープ/1人)を購入しました。

 

 

ガイドは含まず、往復の送迎のみの金額です。

 

 

普段は代理店を回って安いところを探すのですが、

 

天気を見ていたら次の日に行った方が良さそうだったので、

 

前日の夜にゲストハウスでお願いしました。

 

 

 

クァンシーの滝への行き方

当日は11時にゲストハウスまで迎えに来てくれます。

 

 

それまでゲストハウスのテラスでのんびり待機!

 

 

15分遅れくらいでおじさんが迎えに来て、一緒にバスまで歩いていきます。

 

 

バスというか、バンですね。

※この写真はクァンシーの滝の駐車場です※

 

バンはいくつかのホテルを経由して、満席状態でクァンシーの滝に向かいます。

 

 

道中はあまり整備された道では無いので、わたし達は車酔いしてしまいました…

 

 

三半規管が弱い方は酔い止めを忘れずに!!

 

 

※自力でバイクを走らせて行ったという方もいらっしゃいますが、

かなりの悪路なので運転に自信のない方は

ツアー参加やトゥクトゥクをチャーターすることをおすすめします!

 

 

途中で車が停車し、運転手からクァンシーの滝の入場料20,000キープ/人(約270円)を集金されます。

 

 

再び悪路を進み、出発から約1時間でクァンシーの滝に到着。

 

 

ここで、

 

「帰りの出発時間」

「バンを間違えないよう写真を撮るように」

 

と伝えられます!

 

 

わたし達の場合、観光時間は2時間半くらいでした。

 

※「自由時間は3時間だった」と書いてあるブログもあるので、

ドライバーさんやお客さんの雰囲気で多少変わるのかもしれません。

 

 

また似たようなバンがたくさんあるので、

 

ナンバープレートの写真を取っておきましょう。

 

 

 

そして、運転手さんが入口まで案内してくれます◎*

 

 

とくに手続きすることなく、わたし達は入場しました!

 

 

おそらく入場の手続きは運転手さんがやってくれたんだと思います。

 

 

 

いざ!クァンシーの滝へ!

ここからは自由行動です。

 

 

伝えられた時間にバンのところへ戻っていればOKです◎

 

 

この案内図に従って進んでいきます。

遊泳ポイントが3つあり、滝も多いですが一番奥がメインの滝です。

 

 

帰りも同じ道を通るので、まずは一番奥を目指すことに。

 

 

こんな道をひたすらに進んでいきます!

 

ちょっと歩くと、きれいな湧き水が流れていました。

 

 

東南アジアでは見たことないくらいの透明度の高いお水◎*

 

 

エメラルドグリーンの滝が見られる!!

 

 

とわくわくしながら進んでいきます~!

 

 

 

と思ったら、噂に聞いていたクマさん登場・・!

※写真の真ん中あたりにいます※

 

ツキノワグマを保護しているみたいです。

 

 

みんなのんびりと過ごしています。

 

 

フェンス乗り越えて来ないのか、

 

 

ちょっと怖かったですけど、そんな様子は全くありませんでした。

 

 

そしてわたしも並んで、

 

 

クマになりきってみました笑笑

 

 

 

さて、観光できる時間も長くないのでクマさんはこのくらいにして先に進みます!

 

 

 

雨季のクァンシーの滝はすごい

エメラルドグリーンの滝を楽しみに、足取り軽く進んでいくと

 

 

お!見えた、クンァシーの滝!!

 

 

きれいなエメラルドグリーン…!

 

 

エメラルド…

 

 

…グリーン????

 

 

 

 

きれいなエメラルドグリーンの滝を見に来た予定だったのですが、

 

雨季なのでこの感じです笑

 

 

それにしても、すごい水量ですね。

 

 

エメラルドグリーンでは無いですが、これはこれで迫力ある。

 

 

ずっと奥の方にも滝が続いています。

ルアンパバーン_クアンシーの滝

 

 

一番奥のメインの滝を眺めて終わりと思いきや、

 

 

良く見ると広場の脇に階段がありました。

 

 

どうやら滝を上からも眺めることができるようです。

 

 

時間もあるし、行けるところまで行ってみようと登ることに!

 

 

 

すると途中で信じられない光景が…

 

 

道が・・・ない!!??

 

 

いや、階段があるけど川になってる笑

 

 

しばらく様子を見ていると、階段を登って行く人がいたので、

 

 

安全と判断し、わたし達も登ってみることに。

 

 

 

これが意外と楽しく、水も気持ちよかった笑

 

 

ちなみにこの階段の先は水量が更に多かったので途中で断念しました。

 

 

 

その後は階段を降りて、来るときに見つけた下流の遊泳ポイントで休憩。

 

更衣室も用意されているので、水着に着替えて泳ぐこともできます。

 

 

わたし達は水着を持ってきていましたが、足だけ使って楽しむことに。

 

 

急に深かったり、滑ったりするので

 

 

気をつけながら入ってくださいね!

 

 

 

雨季のクァンシーの滝はエメラルドグリーンとは言えませんでしたが、結構楽しめました!!

 

 

 

駐車場ではちょっとしたお土産も

集合時間30分前くらいに駐車場に到着。

 

 

駐車場にはお土産屋さんや屋台が並んでいるので時間を潰すことができます。

 

 

お土産屋さんではカラフルな洋服や水着なども

 

屋台ではランチにぴったりのチキンや

 

軽食やお菓子なども売っています。

 

 

有料でしたがトイレもありましたよ。

 

 

わたし達はポップコーンを食べながらゆっくり待っていました。

 

 

 

全員が集合したら、再び悪路を走りながらルアンパバーンへ戻ります。

 

 

朝バンに乗った場所と解散場所はこの辺りでした。

 

 

まとめ

現地ツアーでクァンシーの滝へ行った時の様子をご紹介しました。

 

 

またルアンパバーンへ行く機会があれば、

 

乾季に行くことを忘れないようにします!

アクセス

ルアンパバーン市内から車で片道1時間程度
(送迎の場合の観光時間は2〜3時間)

費用(/人)

入場料:20,000キープ(約260円)
(送迎料金:35,000キープ(約455円)前後 ※バイクで自力で行くことも可)

持ち物

飲み物
水着
タオル

 

 

みき

 

関連記事

【ラオス】ルアンパバーン観光マップ

スポンサーリンク