【ルアンパバーン】パークーウー洞窟に行けなかった話

【ルアンパバーン】パークーウー洞窟に行けなかった話

こんにちは。shotaです。

 

ルアンパバーンの観光地の中であまり評判が良くないパークーウー洞窟(笑)

 

私たちは時間があったので、行ってみることにしました。

 

今回はその様子をまとめます。結果的には行って良かったですよ。

ツアーの手配・費用

私たちはツアー会社をいくつか回り、一番安いところを探しました。

 

中心地にツアー会社が集中してあるので、それほど時間かけずに回る事ができます。

 

その中で最安だったのが、一人80,000キープ(約1,050円)

 

他のツアー会社はホテルへのピックアップ付きで90,000キープ(約1,170円)だったのに対し、

 

ピックアップなしで80,000キープです。

 

 

 

出航まで

翌朝ツアー会社まで歩いて向かい、集合時間10分前くらいにつきました。

 

集合は確か朝の08:00だったと思います。

 

ツアー会社の前からバンに乗り、船着場に向かいます。

 

だいたい10人くらいで乗りました。

 

 

船着場に着くと、こんな受付があります。

洞窟_船着場_受付

 

ここまで連れてきてくれたツアー会社の方がまとめて手続きをしているようです。

 

その後、受付番号のようなものが配られ、再度集合時間のアナウンスがあります。

 

同じバンに乗ってきたメンバーで行くわけではないようですね。

 

どんな運用なんだろうと眺めていると、ツアー会社の人がお金をまとめて払っています。

 

 

ここで「もしや」と思って受付を覗きに行くと。

 

洞窟_船着場

(PRICE) PAK OU CAVE

public:65,000kip/1P(約850円)

private:350,000/1P〜5P

 

こんな記載が。

 

 

私たちは一人80,000キープ(約1,050円)で申し込んでいるので、おそらく15,000キープがマージンになっています。

 

ということは、ここに直接来ればもう少し安く乗れたのかも

 

 

ツアー会社の方でないと販売しない可能性もありますが、

 

少しでも安く済ませたいバックパッカーはトライする価値はあるかもしれません。

 

(ネットで調べると観光客でもここで買えるという情報がありました)

 

 

※船着場はいくつかあるのですが、私たちが利用したのはここ。中心地から徒歩10分程度です。

 

さて、出発まで20分ほど時間があったので、受付前のベンチで待つ人が多くいましたが、

 

私たちは目の前にあるコーヒー屋さんに入ることに。

 

洞窟_船着場_コーヒー1
洞窟_船着場_コーヒー2

 

ラテが一杯20,000キープ(約260円)でした。

 

 

出発

さて出発です。

 

時間になると受付番号が呼ばれ、階段を降りて船に向かいます。

洞窟_船着場_階段

 

何台もあるので、船の中を通りながら自分たちの船に乗り込みます。

 

船の中はこんな感じ。

洞窟_船内

 

船の前後左右のバランスを考えて座る位置を指定されます。

 

(そんなに弱いのかと少し不安になる笑)

 

ここから洞窟までは2時間の道のりとのこと。

洞窟_行き_4

洞窟_行き_3

洞窟_行き_1

 

こんな感じでずっと進んでいきます。

 

どうでしょう。

 

飽きてしまう人もいるのかもしれませんが、私は結構好きです。

 

なんとなく中国のイメージに近いかも。

 

 

 

2時間ぶっ続けで乗っているわけではなく、1時間ちょっとしたくらいに休憩が入ります。

 

休憩地は「バーン・サーンハイ村」です。

洞窟_船_休憩地

 

 

30分くらいの休憩だったと思います。

 

洞窟_村_2

 

サソリや蛇が入ったお酒がたくさん売られていました。

 

どうやらこのお酒で有名な村のようです。

 

船の運転手から一杯奢ってやると言われましたが、お断りすることに笑(もともとお酒弱いし)

 

 

あまり綺麗な感じはしませんでしたが、この村には公衆トイレもありました。

 

 

さて再出発。

ルアンパバーン_洞窟_船_1

 

1時間も立たないで洞窟につきます。

 

階段を上がって行くのですが、その途中には何人か売り子がいました。

 

結構しつこく付いてくるので、買わない方はきっぱり断った方が良いです。

 

 

10分ほど登ると、たどり着くのがこちらの洞窟。

 

洞窟_洞窟

 

 

中はそれほど広くはありません。(下の写真の2倍くらいの奥行きです)

洞窟_洞窟内

 

なんというか、洞窟自体は「ふ〜ん」という感じ笑

 

 

中は真っ暗なので、携帯の明かりが必要です。

 

そう言えば事前に調べて写真で見た、たくさんの仏像は見当たりません。

 

これ。

パークーウー洞窟

引用:https://jun1ro1210.com/pakou-caves/

 

これは「パークーウー洞窟」で、私たちが行ったのは「タム・ティン・トゥン」というらしいです。

 

 

すぐ近くにあるみたいなのですが、船はこのまま帰る様子。

 

 

近いので寄ってくれれば良いのにとも思いましたが、洞窟への期待値が低かったので「まぁいいや」と何も言いませんでした笑

 

 

帰りは川を下るので、1時間ほどで到着です。

 

 

まとめ

私たちは「パークーウー洞窟」に向かいましたが、結果行ったのは「タム・ティン・トゥン」のみでした。

 

船の道中が魅力的だったので満足していますが、どうしても「パークーウー洞窟」にこだわる場合はしっかり確認した方が良いです。

 

(調べると午後は行かない事があるとか色々情報出てきます。私たちは午前だっけど笑)

 

少しでも安く行きたい方は船着場へ直接行って見ましょう。

アクセス

中心地から船着場まで車で3分。歩いて行くなら10分くらい。
(船着場 googlemap )

費用(/人) 往復:80,000キープ〜(ツアー会社経由)
※ピックアップ含めるかどうかで高くなる
※船着場で直接購入する場合は65,000キープ
持ち物

帽子

カメラ

 

ではまた。

 

shota

 

関連記事

【ラオス】ルアンパバーン観光マップ

スポンサーリンク