【ベトナム】ダナンの病院事情レポート

【ベトナム】ダナンの病院事情レポート

こんにちは。shotaです。

 

サパでのトレッキング中に怪我をしたMikiですが、1週間後に再度病院に行く必要があったので、私たちはホイアンからダナンの病院へ向かいました。

 

その時の様子をまとめて見ます。

病院へ行く背景

サパでの怪我の件は別記事にまとめているのですが、Mikiが目の上を数針縫う怪我をしてしまいました。

 

1週間後に抜糸をするために、ホイアン周辺で病院を探したところ、見つけたのが「Family Medical Practice」です。

 

場所はこちら

 

自力で探したわけではなく、クレジットカードの付帯保険が利用できましたので、事前に提携している病院を紹介してもらいました。

 

 

カード会社と提携しているというステータスは海外で病院を探す際の安心材料の一つにしています。

 

 

更にこちらの病院のWebページを見ると、提携している保険会社が50社近くありましたので、まぁ大丈夫かなと判断しました。

 

(少なく得体の知れない病院ではないはず)

 

 

 

ダナンへはホイアンからタクシーで1時間ほどで到着します。

 

 

ホテルで手配してもらったところ、タクシー代は往復で550,000ドン(約2,700円)でした。

 

 

 

Family Medical Practice

今回お世話になった病院ですが、webサイトは日本語対応しており、問い合わせも日本語デスクがあります。

 

ダナン病院_問い合わせ

引用:https://www.vietnammedicalpractice.com/ja/%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%B5%E3%83
%BC%E3%83%93%E3%82%B9/%E3%83%80%E3%83%8A%E3%83%B3.html

 

 

Mikiの処置を担当していただいたのが、真ん中のクリストファー・スアソン医師です。

 

 

 

いきなり結論ですが、こちらの病院は比較的綺麗な設備があり、医師やスタッフの方の対応も丁寧でわかりやすかったです。

 

ダナン病院_01

ダナン病院_02 ダナン病院_03

 

もちろん全員英語は通じました。(日本語対応のスタッフはいませんでした)

 

 

また、薬やガーゼ、精製水などその後のケアに必要なものもしっかり出してくれました。

 

 

よく理解できなかったものも聞けば丁寧に説明してくれます。

(英語が不得意な方は日本語ヘルプデスクに問い合わせることも可能です)

 

 

 

サパの病院のあとだから高印象だったのかも知れませんが(笑

 

 

 

Mikiの処置

サパでの傷の縫合はあまり良い処置ではなかったらしく、もう一度傷口を消毒し、縫い直すという処置をすることになりました。

 

ダナン病院_04

 

しっかり塞がるように傷の内部を縫合し、さらに外側を縫合という処置。

 

 

麻酔してましたが、痛そうでした。

 

 

 

この後Mikimと相談し、日本への帰国を早めることに。

 

サパでの処置のあと1週間で抜糸までできると思っていましが、ここで縫い直すことになったので大事をとっての判断です。

 

 

帰国後すぐに日本の病院で見てもらいましたが、特に問題はありませんでした。

 

一安心です。

 

 

まとめ

ベトナム、ダナンでの病院事情でした。

 

ダナンは有名リゾートなので訪れる日本人も多いと思います。

 

 

こちらの私たちはFamily Medical Practice病院を利用しましたが、特に気になる問題点はありませんでした。

 

もしもの時のために少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

ではまた。

 

shota

 

関連記事

サパのトレッキングで衝撃の結末!!

世界一周1カ国目にして病院へ!