ホイアン観光マップ

ホイアン観光マップ

スポンサーリンク

こんにちは。shotaです。

 

今回はベトナムの中でも人気観光地の一つ、「ホイアン」に関する観光マップを作成してみました。

 

 

宿泊場所を検討する際の参考にしていただけると幸いです。

ホイアンの観光シーズン

月に1度満月の夜にランタン祭りが開催されるので、日程を確認の上狙って行くのがオススメです。

 

 

1月〜7月が乾季8月〜12月が雨季という特徴があり、ランタン祭りを楽しむには雨の少ない乾季が適しています。

 

 

とは言え、私たちは9月に観光しましたが十分楽しむことができました。

 

 

乾季と雨季で印象も異なるようなので、何をメインに観光したいかによって時期を決めると良いです。

 

 

 

ホイアン観光マップ

ホイアンの全体像が以下のマップです。

ホイアン観光マップ

 

注目すべきはマップの中で緑で囲われた旧市街エリア

 

 

ここがホイアン観光の全てと言っても過言ではありません。

 

 

旧市街の端から端までだいたい1kmなので、まっすぐ歩いて徒歩15分くらいです。

 

 

日本橋をはじめとする歴史的な建物などはこの旧市街に集中しています。

 

(ホイアンは日本、中国、ベトナムの文化がミックスした建物が多くあります)

 

ホイアン_日本橋

ホイアン_街並み_1

ホイアン_街並み_2

 

 

また、ホイアンと言えばランタン祭りを思い浮かべる方も多いと思いますが、旧市街南側の川周辺でランタン屋さんが見られたり、灯籠流しやボートを体験することができます。

 

 

ホイアン_川

 

ランタン祭りのタイミングでなくても、十分綺麗な光の夜景を見ることもできますよ。

 

 

 

 

宿泊エリア

宿泊場所は観光の面でも食事の面でも旧市街に近いほど便利です。

 

 

私たちが宿泊したのは旧市街の西側の川沿いのエリア。

 

 

安い宿を探して西の端にある「HT リバーサイド ホームステイ」という宿を見つけました。

 

 

旧市街まで徒歩10分程度なのでそれほど近くはありませんが、近くに高級ホテルが密集しており、治安の面ではまぁまぁ安心でした。

 

 

(とは言ってもホイアン全体でそんなに治安が悪い印象はありませんでしたが)

 

 

 

 

ホイアンには1週間ほど滞在していましたが、旧市街まで徒歩10分圏内であればそれほど不便は感じなかったです。

 

 

 

食事エリア

レストランは旧市街に多くありますが、やはり観光地価格で高くなります。

 

 

 

安く済ませたい方は旧市街の北側に行くと、リーズナブルなお店を見つけることができます。

 

 

私たちは、

 

 ・Vi cafe (googlemap) :リーズナブルでメニュー豊富

 ・Madam Khanh (googlemap):格安サンドイッチ屋さん

 

をよく利用していました。

 

 

 

 

ホイアンへのアクセス

ベトナム各都市からホイアンを目指される方がいますが、いずれの場合でもホイアンから北へ車で1時間程度のダナンからバスかタクシーを利用することになると思います。

 

 

私たちはハノイから目指したため、夜行バスで向かいました。

 

 

ハノイからホイアンへ向かう場合はフエで乗り換えが必要です。

料金(ハノイからホイアン)

328,000ドン(約1,500円)

時間 合計18時間
(18:00ハノイ発 – 翌07:00フエ着、08:00フエ発 – 12:00ホイアン着)

※最新の時刻表はシンツーリストのWebサイトで確認することができます。

 

 

またダナン-ハノイ間のタクシーも利用しましたが、往復で550,000ドン(約2,800円程度)でした。

 

 

ホテルで手配してもらったのでやや高めかもしれませんが、日本よりは全然安く済みます。

 

 

ハノイやフエからホイアンへのアクセスについてはこちらを参照ください。

ハノイからホイアンへ夜行バス移動!

 

 

またバスの様子や注意点はこちらにまとめています。

ハノイからベトナムの避暑地、サパへ夜行バスで移動!!

 

 

 

まとめ

以上、ホイアンの観光マップをまとめてみました。

 

1週間滞在したホイアンですが、それでもまた行きたいくらい街並みが綺麗です。

 

ベトナム観光の際はぜひ候補に入れてみてください!!

 

ではまた。

 

shota

スポンサーリンク